マメな人におすすめ!熱帯魚飼育をやってみよう

熱帯魚で楽しむアクアリウム

色鮮やかな熱帯魚が室内の水槽で泳いでいる風景は、とても幻想的で癒やされます。
庭がないマンションでも飼えるペットとして人気の熱帯魚は、ただ飼育するだけでなく水槽に藻を植えて、自分だけの世界を作り出せるアクアリウムを楽しむことができるので大人気です。

アクアリウムとは水槽で熱帯魚を飼育するための藻などを栽培したり砂や岩を置いたりして独自の空間を作り出すことをいいます。
アクアリウムはマメな人に特におすすめの、家庭でできる趣味です。

実は癒しとの深い関係が

アクアリウムの魅力は、何といっても自分が思い描くイメージ通りの世界を作り出せることです。
水槽の中に生き物や植物を飼育して自分の世界を作り出すので、創造主の気分を味わえます。

藻だけでなく、水の底に流木や岩を置いたり、ミニチュアのグッズを飾ったり、アクアリウム用のグッズがたくさん販売されています。
レイアウトを工夫したり、水質を変えてみたりして自分だけの空間を作り上げたときは、大きな感動と達成感を感じられます。

心理学療法に箱庭を作るというものがありますが、アクアリウムも箱庭づくりの一つですから、とても癒やされるのも魅力です。
そして、自分が作り出した空間に、美しい魚が泳いでいるのを眺めることで、より深く癒やされるのです。

魚の世話が大変なのでは?と心配されるかもしれませんが、毎日エサをあげる必要はないので、一人暮らしで出張に出かける場合も、それほど心配することはありません。
ただ、生き物を飼育するのですから、マメに世話ができる人に向いている趣味といえます。

いくらきちんと世話をしていても、原因不明の病気で熱帯魚が突然死んでしまうこともあります。
可愛がっている魚が死んでしまうのは辛いですね。

初心者ならキットがおすすめ

熱帯魚の飼育を始めるときに必要なものは水槽、水槽を置く台、ろ過装置、水温計、ヒーター、エサ、水質調整剤などです。

最初に必要なものがすべてそろうスターターキットを購入すると、とても手軽に始められます。
小さなキットでは5,000円から販売されているので、まずはスターターキットからチャレンジしてみてはどうでしょう。

飼育環境を整ったら、好きな熱帯魚を購入してください。

アクアリウムについて詳しくなっていくと、もっと大きな水槽がほしい、水を濁らさないようにしたいなど、さまざまな欲求が湧き上がってきます。
最初に、あまり小さな水槽から始めると、また別に大きな水槽を購入しなければならないことも多いですから、スタート時に最低でも60センチ以上の水槽を購入しておくと長く楽しめます。

アクアリウムの技術が上達してくると、もっと素敵な環境を作り出したいという気持ちが強くなり、あれもほしいこれも欲しいという欲求が強くなります。
最初は少ない出費ですんでいても、いつのまにか出費が増えることもるので注意しましょう。