土地の安さに興味を惹かれてしまい……

広々とした庭

土地が安く見える際には注意が必要

住宅の購入を検討する際に気をつけておくべきことは様々なものがありますが、その中の一つとして土地の価格があります。
坪単価と呼ばれる単位が使われますが、これは一坪の建物の値段のことを指します。
この坪単価が安いほど、お得な物件ということになります。

最近は坪単価が安く、これに興味を持って購入を検討する方も多くなっています。
ですが、これは実は気をつけておく必要があるポイントもあるのです。
多くの方が見落としがちで、業界の方でないと気が付かないので十分注意しておきましょう。
ここではそのポイントの、見極め方についてご紹介していきます。
知っておくことでどのような仕組みで坪単価が安くなっているのかを知ることができ、間違いのない買い物をすることができます。

ポイントは坪単価の計算方法

坪単価の安さの理由は、コスト削減などの企業努力ではなく、実は計算方法の違いによるものです。
坪単価の計算方法は住宅内の床の面積で金額を割る方法と、ベランダなどの面積まで含めて割る方法の二種類があります。
一般的には住宅内の面積である延べ床面積という面積を計算に用いるのが通常ですが、最近の激安をうたっている業者の計算方法は、後者のベランダなどまで含めた面積での計算となっています。
つまり、ものは同じなのにも関わらず、計算方法によって安く見せているのです。

また、この他にも坪単価に含める必要がある経費が含まれていない場合などもあり、これも安く見せるための一つの方法となっています。
こうして安い金額に見えて興味を持った物件は、他の費用などで実際はより高くなってしまうことが多いです。
そして、つまり安く見えて実はあまりお得ではない物件であることも多いので、十分気をつけておきましょう。

安く見せていることをチェックする方法

安く見せているのか、きちんとした数字を出しているのかは詳しい書面を見せてもらうことが大切です。
その費用がどのように計算されており、内訳をチェックすることで数字のトリックを見極めることができます。
本当はこうしたチェックをしなくても安心して購入できる業者に依頼できると良いですが、最近の競争激化からこうした業者も多くなってきています。
自己防衛として、対策方法を覚えておきましょう。

また、この他にも住宅の購入には事前に知っておいた方が良い知識がとても沢山あります。
じっくりと勉強してから検討することをおすすめします。
もちろん勉強してもどうしても見極められないことも出てくるかもしれませんが、大部分は見極めることができるので、安心した買い物に繋がりやすくなります。
書籍やインターネットの情報を活用していきましょう。