大手だからと言って安心はできない

不安そうな男性

大手の住宅と言っても実はトラブルがあることも

住宅を購入する際にはやはり大手の方が安心と考える方は多いです。
ですが実際のところ、大手でも安心はできない面があります。
それは大手の住宅メーカーも、メーカーだけで住宅を建てている訳ではないためです。
必ず下請け業者に依頼をしており、その業者がさらに別の下請け業者に仕事を発注している場合もあります。
こうなると元々の大手メーカーの仕様に沿った作りでなくなる可能性があり、トラブルに発展してしまうケースがあるのです。

丸投げの実態がトラブルを生む

この、下請け業者がさらに別の下請け業者に手数料だけを取って仕事を発注する方法を丸投げと呼びます。
下請け業者は仕事をせず、孫請けとなる業者に丸投げして仕事が行なわれるため、孫請け業者は利益の少ない状態で仕事をすることになります。
孫請け業者はなるべく利益を大きく出すために多少材料の質を落としたものに変更したり、作業の工程を省いたりしてコスト削減をします。
こうして孫請け業者は利益を得ることができますが、代わりにできあがるのは欠陥住宅です。

特に住宅は長い年数を住むことになるので、手抜きをした部分は劣化が早くなります。
そうすると比較的早い段階でトラブルが起きてしまったり、低クオリティの住宅ができてしまうことになるのです。

大手の住宅メーカーはメーカーと言いつつも、自社で住宅を建てる施行部門という部署がありません。
そのため、下請け業者に仕事を依頼して、住宅を建てるのが一般的なのです。

大手でも中小でも欠陥住宅はある可能性がある

このように、大手だからと言っても欠陥住宅が少ない訳ではないのです。
そして、こうした丸投げによって建てられた住宅は、購入時には分からないことが多いのも注意が必要なポイントです。
しっかりと確認しても分からない場合があるので、購入する方ができる対策としては、欠陥が合った場合はどうなるかを確認しておきましょう。
その際のトラブルの対応まできちんと説明してくれる業者は良心的と言ってよいでしょう。
逆にそこで不信感が生まれるような対応の場合は、控えておく方が良いかもしれません。

最近は大手住宅メーカーもコスト削減に力を入れており、下請け業者にも金額を抑えて仕事を発注していることも多いです。
そこから孫請け業者に仕事が依頼されることでさらに金額が安くなり、こうした欠陥住宅が生まれる原因となっています。
現在はまだ解決策が模索されている段階なので、購入の際には十分に気をつけることが大切です。
現状どのくらいの割合で欠陥住宅が発生しているかは一概に言えない面がありますが、万が一の時に備えてメーカーへの確認はしっかりしておくようにしましょう。