建て替えとリフォームの基準

ELLsyuumeigiku150928457696_TP_V

建て替えとリフォームは異なります

現在一戸建ての住宅に住んでいる方で年数が経過している方の場合、段々と気になってくるのが自宅の修繕です。
修繕の方法には大きく分けて二種類あり、建て替えとリフォームがあります。
建て替えは家全体を立て直す方法で、リフォームは外側は維持しつつ、気になる部分を修繕する方法になります。
合わせて考えている方もいますが、異なるものなので気をつけましょう。

そして、もうひとつ気になる方が多いのが、建て替えとリフォームどちらをした方が良いのか分からないということです。
15年や20年ほどの年数が経ってくると、家も段々と損傷や劣化が出てきます。
こうした時に、建て替えまでする必要があるのか、それとも部分的にリフォームで安く済ませても良いのか、その判断に迷うという方は多いです。

ここでは建て替えとリフォームのメリットとデメリットをご紹介して、その判断基準をご紹介しています。
参考にしていただくことであなたの家にはどちらが良いのかの材料になるはずです。

建て替えとリフォームのメリット・デメリット

まずは建て替えですが、プランの自由度が高いということが挙げられます。
作り直す部分が多いため、時代に合わせた設備などを導入したり、耐震や防音などの機能を備えることもできます。
デメリットはやはり費用の高さです。
新たに建て直しが必要になるので費用が高くなることが多く、出費としては痛いものになりやすくなります。

次にリフォームですが、安く抑えられるのが大きなメリットです。
細かな部分を修繕するのに向いており、ちょっとした部分を直すには適している方法と言えます。
また、建て替えだと一時的に自宅を離れる必要があることも多いですが、リフォームの場合はそうした必要がなく行なってもらうことができます。

デメリットとして、プランの融通が利かないことや、修繕の内容によっては高額になることもあるということです。
場合によっては建て替えとあまり費用がかからないようなレベルの時もあるので、その際には建て替えを選んだ方が良いと言えます。

特徴を把握して検討を

以上のようにメリットとデメリットが両方にあります。
ちょっとした修繕の場合や安価に直したい場合はリフォームを、しっかりと全体的に直したい場合は建て替えを選ぶと良いでしょう。
基本的にはこの基準で判断することができます。

また、それでもどうしようか迷ってしまう場合には、両方の業者の方に相談してみるのもおすすめです。
自分だけでは考えきれないような提案をしてくれることもあるので、なるべく信頼できそうな業者にお願いしましょう。
今後も長く住むことになる家なので、なるべくよく検討して決めることをおすすめします。