壁紙リフォーム、DIYとの比較

PAK93_tonarigakininarucyoushinki20140322_TP_V

壁紙のリフォームをする際には比較してみよう

壁紙のリフォームをすると家の内装の雰囲気をがらっと変えることができるのでおすすめです。
壁紙は張り替え作業が必要になりますが、リフォーム業者に依頼して行なってもらう方法と、DIYで自分で行なう方法があります。
どちらもメリットでメリットがあるため、両方をチェックしてあなたに合う方を選ぶのがおすすめです。

DIYと業者に頼んだ場合のメリットとデメリット

まずは壁紙をDIYで自分で張り替えた場合のメリットについてです。
6畳の部屋の壁紙の張り替えを自分で行なうとすると、壁紙が1,000円ほどから販売されています。
少し余裕を見たとして3,000円ほどで、非常に安価です。
その他、ちょっとこだわりの柄を選んだり品質の良いものを選ぶとさらに高くなりますが、基本的には1万円もあればまず足りるという金額となっています。

この安さはとても大きなメリットと言えます。
逆にデメリットとして挙げられるのが、手間と時間がかかるということです。
DIYの技術を身につけていないと壁紙の張り替えは上手くいきません。
貼ったもののはがれてきたり、見栄えが悪くなってしまうとせっかくのリフォームもあまり意味がないものになってしまいます。
そのため、自分で行なえそうかは事前に確認しておく方が確実です。

これに対して業者に依頼した場合、同じ広さの壁紙の張り替えを依頼すると2万5,000円ほどから3万円ほどすることが多いです。
かなりの金額となっており、DIYは2万円以上浮かすことができる可能性も高いということになります。

ただし、業者に依頼するとやはりプロの技術で施行してもらえるので仕上がりとしてはとてもきれいなものになります。
安心感もあるのでリフォーム後はきれいになった壁紙の空間で過ごせるようになります。

このように、二つの方法で両方に特徴があります。
ぜひあなたも比較して検討することをおすすめします。

腕に自信があればDIYがおすすめ

以上のメリットとデメリットを比べると、腕に自信がある場合はDIYが安価なのでおすすめと言えます。
もちろん時間はかかってしまいますが、自分で壁紙を張り替えられるのは慣れれば楽しいですし、休日の一つの楽しみにもなってくれるはずです。

壁紙の張り替えはDIYの中では比較的始めやすいので、興味のある方は勉強して取り組んでみるのもおすすめです。
最近はインターネットで色々な情報があるため、そうした情報を参考にすることで学びながら壁紙の張り替えを行なうことができます。
自分で壁紙を上手く張り替えられるようになったら、近所の方から張り替えをお願いしてもらえるかもしれませんね。
ぜひ楽しみながらDIYをやってみてほしいと思います。