ハロウィンのときに真似したい!海外インテリア紹介

オレンジ、黒、紫でハロウィンを演出しよう!

10月31日に行われるハロウィンは日本にもすっかりと定着し、仮装パーティーなど街でもイベントが行われてこの時期はとても賑やかです。
お菓子がもらえることもあって、子どもたちにも大人気ですね。
秋のこの時期、お部屋のインテリアもハロウィーンにふさわしいものに模様替えしませんか。

ハロウィンを象徴するキャラクターといえば、かぼちゃの顔のジャック・オー・ランタンです。
カラーはオレンジですね。
かぼちゃのちょうちんの灯りが、魔物が家の中に入ってくるのを防いでくれるといわれています。

ハロウィンのインテリアにはかぼちゃやオレンジ色と、夜の闇を表す黒、魔物のイメージの紫色などのハロウィンカラーを上手に取り入れましょう。

最も簡単なのが玄関の靴箱の上や今の飾り棚などに、ジャック・オー・ランタンの置物やかぼちゃを飾る方法です。
大きさの違うジャック・オー・ランタンをいくつも並べたり、かぼちゃの周囲にキャンドルを配置したりするとハロウィンの気分がぐっと盛り上がります。

かぼちゃに魔女がかぶる黒い山高帽を乗せる、オレンジの花を中心にしたフラワーアレンジメントを飾るのも簡単でおすすめです。
いつも飾っているぬいぐるみにも魔女がかぶる黒い山高帽をかぶせたり、首にオレンジと紫のリボンを結んだりしてみましょう。
これだけで、ハロウィンの雰囲気が演出できます。

アイデアに困ったらキーワードを書き出してみよう!

個性的なインテリアを目指すなら、まずはハロウィンから連想されるキーワードを書き出してみましょう。
かぼちゃやオバケ、魔女、蜘蛛、コウモリ、墓場、ろうそく、ほうき、枯れ葉、三日月、骸骨、お菓子などなど……。
思いつくままにリストアップしたら、それらのなかからイメージをまとめてインテリアに取り入れてみましょう。

お菓子のキーワードなら小さなかごにキャンディーをあふれるくらい盛り付けてみる、コウモリのキーワードならコウモリが飛んでいるモビールを飾るなど、ちょっとの工夫でハロウィンのインテリが完成します。

また、シックに演出するなら、敢えてオレンジを使わずに、白いかぼちゃを飾るなどモノトーンカラーで統一するのもおすすめです。

最近はハロウィーンのシーズンになると、100均ショップにもハロウィン向けのインテリアグッズが店頭に並ぶようになりました。
これらのグッズを使うと、低予算でインテリアが楽しめます。

色紙をコウモリやかぼちゃなどの形に切り取って紙にレイアウトし、額縁に入れて飾るのも楽しいですね。
子どもたちといっしょに手作りすると、忘れられない思い出になります。

また、夕食時のテーブルセッティングもハロウィンを意識してみましょう。
オレンジやパープルのテーブルクロスに変えたり、オレンジのテーブルナプキンを使ったりするだけでも、ハロウィンの食卓に早変わりします。
かぼちゃをくり抜いて器にして料理を盛り付けたり、かぼちゃのポタージュスープを食卓に出したりすると、家族が大喜びしてくれるのではないでしょうか。
秋のイベント、ハロウィーンにふさわしいインテリアで気分を盛り上げてみませんか。